注意事項などの情報


これからCMSの導入を検討する場合、メリットのみならず、デメリットにも気を配り、総合的な観点から判断をすることが大切です。例えば、CMSの導入によって作業を定型的なものにした場合、運営者に掛かる負担が軽くなる反面、拡張性が乏しくなるという問題があります。例えば、サイトの印象を変えようと思っても、すぐに対応することが難しくなります。

また、サイトのリニューアルを行なう必要性が生じた場合に、既存のコンテンツを移行する必要があるという問題もあります。従来の方法で作成した静的ページであれば、リニューアル後にそのまま使用することも可能となります。しかしながら、CMSでは、データベース上に情報が保存されることから、サイトの仕様が変わると、それに応じてデータの移行を検討する必要があります。

そして、CMSの導入に際しては、まず、CMSによって管理する項目を決定する必要があります。こちらのステップで、漏れのないように項目を洗い出しておかないと、サイトを公開してから、後悔してしまうリスクが高くなります。そのようなリスクを回避するために、考えられる項目を漏れなく洗い出し、その中から本当に必要な項目を一覧にしてまとめると良いでしょう。